疲労回復に効くビタミンB1


疲労回復に効くビタミンとして【ビタミンB1】が上げられます。
ビタミンB1を多く含んでいる食品には、玄米、胚芽米、豚肉、うなぎ、大豆、枝豆、ごま、ほうれん草などがあります。

●炭水化物をエネルギーにかえるビタミンB1

ごはんやパンなどの炭水化物は、体内でブドウ糖になります。
ブドウ糖は肝臓でエネルギーに変えられますが、このとき必要なのがビタミンB1。
炭水化物は、ビタミンB1が足りなければエネルギーになりきらず、乳酸という物質に変わって疲労のもとになってしまうのです。

不足するといわゆる「脚気」などの病気を引き起こします。
江戸時代の江戸では、白米を食べる習慣が広まり、将軍をはじめとした上層武士に脚気患者が多かったのはビタミンB1不足だったわけですね。

ビタミンB1は、玉ねぎ、にら、にんにくなどのアリシンをいっしょに摂るのが効果的です。
ニラレバ炒めや豚のしょうが焼きなどは疲労回復にもぴったりなのですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。